ホーム > 暮らしの情報 > 教育 > 小・中学校 > その他の関連情報 > 市川市非常変災時(台風等)における学校の対応について

市川市非常変災時(台風等)における学校の対応について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2020年6月30日
 市川市では、非常変災時(台風、地震等)における学校の対応について、近年の大規模な自然災害の発生状況を踏まえ、下記のとおり修正いたしました。気象に関しては、市内全域又は中学校ブロックを基本として、下記の表を基準に沿って「休校」や「登校を遅らせる」等の対応をとります。また、新たに地震への対応を加え、「震度5弱」を観測した時点で原則「引き渡し」といたします。


1 気象について

(1)登校前の対応
   情 報 発 令 元      登 校 の 対 応 に つ い て
全ての学校が対象・・・千葉県北西部(市川市全域)に、下記のいずれか一つでも発表継続中の場合の対応
特別警報(全て) 気象庁 午前6時の時点で、左記の情報がいずれか一つでも発令されている場合
(1)学校からの連絡があるまで「自宅待機」
(2)午前7時までに、緊急連絡メールで各家庭に向けて
   「休校」「登校を遅らせる」等の対応を連絡
暴風警報
暴風雪警報
大雪警報
警戒レベル4以上
(市内全て)
市川市
一部の学校が対象・・・中学校ブロック内の地域に、下記のいずれか一つでも発表継続中の場合の対応
土砂災害警戒情報 気象庁 午前6時の時点で、左記の情報のいずれか一つでも発令されている場合
(1)学校からの連絡があるまで「自宅待機」
(2)午前7時までに、緊急連絡メールで各家庭に向けて
   「休校」「登校を遅らせる」等の対応を連絡

 ※条件により、学校の対応が違う場合もあります。
高潮警報
洪水警報
警戒レベル4以上
(中学校ブロック内の地域)
市川市

 ※学校からの連絡がない場合でも、安全確保を最優先として、各ご家庭の判断で登校を遅らせたり、休ませたりするなどの対応を認めております。

(2)登校後の対応
 課業時間内に上記の情報が発令された場合は、各学校や地域の状況に応じて「引き渡し」などの措置をとります。また、「暴風警報」を伴わない「大雨警報」の場合は、各学校や地域の状況に応じて、学校待機や下校時刻を変更するなど、児童生徒の安全を考慮して、適切な措置をとります。

 ※「臨時休校」の場合、放課後保育クラブ、放課後子ども教室は「閉所」となります。

 ※前日から、又は午前6時の時点で「警報」が発令されている場合は、朝の諸活動(部活動を含む)は
  中止となります。

 ※市立幼稚園についても、上記の対応に準じます。


2 地震について
震度 学校の対応について
震度5弱
(千葉県北西部)
(1)課業時間内で「震度5弱」を観測した時点で、「学校で待機」し「引き渡し」を
    基本として対応します。
(2)課業時期外で、登校前に「震度5弱」を観測した時点で、児童生徒は「自宅待機」
    とします。緊急連絡メールで対応を連絡します。
                 (市川市ホームページにも掲載されます)
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 学校教育部 義務教育課 学校安全安心対策担当室
〒272-8501
千葉県市川市八幡1丁目1番1号
電話:047-704-0062